チャンピックスの効果と飲み方

少量のドーパミンを放出させてニコチンの依存性を弱める

タバコを吸うと快感を感じます。それは、ニコチンが脳の受容体と結合し、ドーパミンという快楽物質を放出させるからです。

禁煙補助薬には、ニコチンを含むものと含まないものがあります。その中でもチャンピックスは、ニコチンの代わりにバレクニンという物質が含まれています。バレクニンは、ニコチン受容体に結合し、少量のドーパミンを放出させます。これにより、禁煙でニコチンを摂取しないことによる離脱症状が緩和されるのです。

イライラや集中力の低下といった離脱症状が抑えられることで、ズムーズに禁煙ができます。

また、バレクニンがニコチン受容体と結合するため、ニコチンは受容体と結合できなくなります。そのため、チャンピックスを使っている間は、ニコチンによるドーパミン放出が起こりません。結果、タバコを吸っても気持ちよさや満足感を得られなくなり、ニコチンの依存性が弱まるのです。

チャンピックスなら無理なく禁煙治療ができる

チャンピックスは、飲み方が段階的に変わっていくのが特徴です。1日目から3日目までは、0.5mgの錠剤を1日4錠飲みます。4日目から7日目までは0.5mg錠を1日2錠、朝と夜の計2回飲みます。

チャンピックスを飲み始めてから最初の1週間は、タバコを我慢せずに吸っても構いません。

本格的な治療は2週目からです。ここからはチャンピックスの用量が1mgに増え、喫煙も我慢しなければなりません。しかし、このころになると、吸いたいという気持ちがだんだん弱くなっていきます。

無理にタバコを我慢するのではなく、段階的に進んでいくため、無理なく治療していけます。

チャンピックスは、自己判断で飲む量を変えたりせず、用法、用量を守って飲むことが大切です。

チャンピックスは禁煙外来で処方を受けます。服用期間は12週間が基本です。最後まで飲み続けた人ほど、治療が終わったあとも禁煙が続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする