避妊薬トリキュラーとニキビを気にする女性のイラスト

低用量ピルで有名なトリキュラーを服用後に避妊効果の他にニキビが治ったなどの噂話がありますが、本当にトリキュラーでニキビの治療が可能なのでしょうか?その真相を追求したいと思います。

避妊希望のトリキュラーを服用する時間

トリキュラーは低用量ピルと言われていて、比較的安全に飲むことができる薬です。避妊を希望している人や、生理中の痛みがひどい人などは産婦人科で診断の上処方してもらうことが可能です。個人輸入も可能ですが、トリキュラーなどピルと呼ばれるものには禁忌や、服薬する時間を毎日同じ時間に飲まなくてはいけなかったりなど細かな約束事があるので、病院で毎月定期的に検査も兼ねて処方してもらう方が安全だと思います。その際避妊希望の場合は保険が適用されない為全額自費になります。薬代と診察でだいたいひと月5000円ほどになりますが、あくまで目安で病院によって左右されますので一度電話で料金などを確認して行くようにすると良いかもしれません。
トリキュラーを服薬するときの注意事項としては、飲み始めるとたまに頭痛や吐き気などの副作用が出る場合もありますが、飲みつづけて体が慣れてくると徐々に副作用はなくなってきます。また妊娠を希望するときは服用を止めれば妊娠も可能ですので、避妊を希望する人は毎日服薬の時間を守り飲み忘れることのないように気をつけなければいけません。万が一飲み忘れた場合、数時間などその日のうちならすぐにその日の薬を飲むようにします。二日以上空いてしまった場合は再度病院に行き、新しい薬のシートをもらって飲まなければいけません。飲み忘れた場合今まで飲んでいた薬のシートは使えないので、お金がかかったり病院に行って処方してもらったりなど手間もかかりますので注意してください。またごく稀ではありますが、血栓症のリスクが上がり血栓症になる人がいるようです。ふくらはぎが痛んだりむくみやしびれ、胸の痛みなどがある場合はすぐに診察を受けるようにします。薬を飲む続ける時は定期的に病院で血圧などの検査をしておくと安心です。