避妊薬トリキュラーとニキビを気にする女性のイラスト

低用量ピルで有名なトリキュラーを服用後に避妊効果の他にニキビが治ったなどの噂話がありますが、本当にトリキュラーでニキビの治療が可能なのでしょうか?その真相を追求したいと思います。

膣内射精とトリキュラーの避妊の関係性と薬局の重要性

トリキュラーは低用量ピルなので正しい使用方法で服用しないと効果がないので、飲み忘れが心配な場合には毎日服用するタイプのものを処方してもらうと避妊を確実にすることができます。トリキュラーを正しく飲んでいると膣内射精をされても90%以上の確率で避妊することができますが、間違った飲み方をしていると妊娠することがあります。トリキュラーを服用していても妊娠する可能性があるので、安易な膣内射精は控えなければなりません。トリキュラーなどのピルは女性のホルモンバランスを妊娠している状態に近づけるので、膣内射精をされても妊娠することがありませんが、ごくまれに受精することがあるので、その場合には婦人科の医師に相談をして適切な対処をしなければなりません。基本的には薬局で処方される薬ですが、自由診療なのでインターネットで手に入れても値段は同じです。薬局で処方されるメリットとしてはピルによる血栓症のリスクを検査によって調べることができることや副作用が起きた場合に別の選択肢を提示してもらえることがあります。また重篤な副作用が出た場合にかかりつけの医師がいることで対処が早くなるので、ピルのように血栓症のリスクを高める薬に関しては薬局で購入するほうが良いとされています。またトリキュラーは飲み忘れると避妊効果がなくなるので、2週間程度はパートナーがコンドームを装着しなければなりません。個人輸入代行業者から手に入れる場合には信頼できる業者を選ぶことが重要で、様々な国で製造されているので、品質の悪いものや有効成分が入っていないものがあるので、注意をしなければなりません。料金に関しては手数料なども必要なので病院に通院するのとあまり変わらない場合もあります。